彼とは、どれだけ一緒にいただろう?
気づいたらいつも傍にいて傍にいる、当たり前の存在。


傍にいるのが当たり前過ぎてずっと言えなかった
今、君に届けたい。

テーマは「ありがとう」


***

野いちご10周年記念の限定小説です。
この度、10年記念企画に飛び入り参加させて頂きました!
小説を読むためのパスワード取得方法は、
【5月30日(火)】に
野いちご10周年ページにて発表です。

***



(C)nanamaru

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。


この作品のキーワード
野いちご10  10年  好き  君へ