「別に、アンタを助けたわけじゃない
邪魔だったから、仕方なく」

不良たちに絡まれていた私を
助けてくれたヒーローは

無愛想でクールな男の子でした



碧瀬 莉彩(あおせ りさ)



黒河内 壱夜(くろこうち いちや)



「鬱陶しい」

「気安く話し掛けんな」

「アンタには関係ない」

遠慮なく冷たい言葉を投げてくるキミだけど


「ケガしてんだろ、ちゃんと見せろ」

「……だったら、俺の家に来れば?」

不意に見せる優しさに胸が甘く震えて

鼓動が加速する



「ずっと、会いたかった」

“誰よりもカッコよくて
心優しいヒーローに”






この作品のキーワード
ヒーロー  初恋  クール  一途