ひとり途方に暮れていると、すぐ脇の石の歩道を走る靴音が聞こえてきた。

誰か来る……?

近づいてきたその影は、逆光でよく見えないけれど、背格好から私の思い描いている人でないことだけはわかった。

ちょっとだけがっかりする。そして、がっかりしている自分に気がついて、さらにがっかりした。
自ら逃げ出したくせに、追いかけてきてくれることを望んでいるなんて――私ってなんてわがままなんだろう。

しかし次第にはっきりとしてきたその人物に驚いた。
白いコックコートを身に纏う彼は――陣さん。

私の姿を見つけた彼は、呆れ顔で足を止めると、ゆっくりとベンチに向かって歩いてきた。

「あーあ。夕緋と同時にあんたを探しに出たのに、俺の方が先に見つけちゃうってなんだよ……」

そんなことをぼやきながら、私の横に腰掛ける。

どうやらわざわざ探しにきてくれたみたいだ……あんな飛び出し方をしてしまったから、初対面の彼にまで心配をかけたのだろう――ちょっと迂闊だった。

「……すみません。ご心配をおかけして」

「まったくだ。あんなふうに飛び出されたら、探さないわけにいかねぇじゃねーか……まぁ、あんたを追い詰めたのは、俺なのかもしんねぇけど」

悪態をつきながらも、若干申し訳なさそうにして頬を掻く。
遠くを見つめながら低い声でぼそりと呟いた。

「悪かったな」

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  政略結婚  溺甘  純愛  ラブコメ  シリアス  地味OL  すれ違い