2006年8月

舞台はとある海辺のペンション
ペンションオーナーの姪の美月は夏休みを利用して叔父の手伝いをするために東京からこの海辺の町に来ていた。
東京の啓徳大学ミステリー研究会のサークルメンバー7人も合宿の名目でこのペンションを訪れる。

そして嵐の夜、悪夢が始まる
永遠と絶望の白昼夢
それは夢か、現実か…

青春ラブミステリー

この作品のキーワード
恋愛  サスペンス  ミステリー  推理小説  高校生  青春    ラブコメ  長編  切ない