週が明けて月曜日。
私はいつもより少し早い時間に、一人で社員食堂を訪れた。
普段は外出中に優月と二人でとることが多いから、社食に来るのは久しぶりだ。


ちょうどお昼のピーク時で、同じテーブルに席を取った社員たちは、さっきから入れ替わり立ち替わり状態。
特に急ぐ必要のない私まで急かされてるみたいで、ちょっと落ち着かない。
それでも私は、意識的にのろのろと箸を進めていた。


今日、優月は午前中からお昼を挟んで経営会議に入っている。
おかげで、今朝一度挨拶したっきり、私は彼の姿を見ていない。
土曜日に婚約解消を申し出た後のタイミングだから、一緒にいなくていいのはホッとした。
だけどその分一気に優月が遠のいたみたいで、ちょっと寂しい気がするのも事実だ。


定食を半分ほど食べ進めた時、背後から「あれ」という声が聞こえてきた。
何気なく振り返ってみると、何人かの男性がトレーを持って近寄ってくる。
その先頭の男性が、口を大きく開けていた。


少し茶色がかった短髪で、前髪はアップバングにセットしてある。
男らしいキリッとした吊り上がり気味の眉。
爽やかなスポーツマンっぽい顔立ちの彼を見て、私は同じように口を丸くした。


「あ。進藤さん」

「綾乃ちゃん。今日は一人?」


お互いに呼びかけた声が被った。