昨日と同じ時間にマリーさんの客室から引き上げてきて、ゆっくりとお風呂に入ってから部屋に戻った。
優月が用意してくれた私の部屋は、彼の寝室と同じ二階にある。
階段から一番近い部屋のドアを開けようとして、一番奥の優月の寝室にチラッと視線を向けた。


ドアの隙間から明かりが漏れている。
今日は会長に就いて外出していたけど、どうやら優月ももう戻ってきているようだ。


ドアレバーを押し下げて、私はすぐに手を止めた。
一度躊躇してから、思い切ってレバーから手を離す。


『私から踏み出さないと』


マリーさんに焚きつけられて、そう考えたことを思い出す。
それは今も同じように胸の奥底に刻まれていたから、衝動じゃなく、ちゃんと私の思いなんだとわかる。


私は廊下の奥に向かって踏み出した。
私と優月しかいないこの別邸では、どんなに足を忍ばせても、ヒタヒタと足音が響いてしまう。


優月の寝室の前に立ち、まるで聳えるように見えるドアを一度見上げた。
大きく深呼吸してから意を決して、ゆっくり二回、拳を打ちつけるようなノックをする。
中から「どうぞ」と聞こえてくる。
私はゴクッと唾をのんでから、そおっとドアを押し開いた。