思春期真っ只中の中学3年生の優太。

無口で、人が良い優太の父。

早くに妻・母を失った二人。

月日が経つうちに溝だけが、大きくなっていった。

自分の気持ちを言えない二人は、ただ身を寄り添って生活することしかできない。

けれど、わがまま一つ言わなかった優太が父に言った言葉は…。

この作品のキーワード
親子  無口  すれ違い  中学生  思いつき  口下手