一輪の花は儚く美しく散った




溶けるはずのない氷は、銀色に染まりながら溶けていく




やがて、水は闇の色を水面に映した



この時代は零から歩みを進めた






『零度の華』第2弾




*暴力的な表現が含まれます。
*不快になる言葉などが含まれます。
*組織・団体については全てフィクションです。
*犯罪を含みます。


犯罪を促進しているわけではありません。


<作者より>



あらすじ

氷に包まれた花はやがて散った。
彼女の髪は綺麗な銀色。
彼女の瞳は闇の色を映す。
彼女の心は、ここにあり。
世界は恐怖から解放されるのか?

この作品のキーワード
殺し屋    裏社会  組織