この物語はフィクションです。けれどこのことを忘れずに読んでいただきたいのです。この物語の主人公と同じようなかなしいおもいをしている人がいる。ということを。