翌日の月曜日。


いつも通り学校に行き、

「おはよう!」

と、瑞穂と梢に声をかけた。


私を見た瞬間、二人ともギョッとした表情をしてから、恐る恐る


「どしたの…?」

と、聞いてきた。


理由はもちろん、泣きすぎて腫れた瞼に気付いたのだろうし、


何より、


腰辺りまで伸びたトレードマークのロングヘアが、突然、肩下10センチ位まで短くなっていたからだろう。


休み前の時点では、何の前触れもなかったのだから、


『何かあったんじゃないか』


そう思われても仕方がない。



「へへ…。」

「さくー…。」


二人の視線により、私はまた少しずつ涙で目を潤ませて微かに笑った。


すると立ち上がった二人が私の手を掴み、


「ちょっと、あっちに行こう。」


そう言って教室を出ると、一番人気がない所まで私を引っ張っていった。


「…さく、何があったの?」


瑞穂が心配そうな表情を浮かべて私に問い掛けた。


もしかしたら瑞穂は、

『自分の一言が原因なんじゃないか。』

そう思っていたのかもしれない。


「うん…。」


私は俯いたまま、ゆっくりと週末の出来事を話し始めた。



相葉先生の自宅の住所と電話番号が分かったこと。

先生のお家まで行って、偶然会ってしまったこと。

電話で告白したこと。

そして、失恋したこと―…



話しながら時々顔を上げる度に、余りにも二人が哀れむような表情で聞いていたものだから、


「でもね、やっぱり“まだ諦められない”って思ったから、もう一度頑張る事にしたの!その為に気合いを入れようと思って、バッサリやったんだぁ!」


そう言って、私は短くなった髪の毛先を摘み上げて笑った。


思い返せば、こんな長さになったのは中学1年生以来の事だった。

この作品のキーワード
先生  生徒    禁断  切ない    秘密