そんなことを思いながら指摘されたミステリー小説を恋愛小説の棚から抜き出す。そのとき、ふと隣にあった本が目に入った。

なんか、これだけ妙にボロボロじゃない……?

ちょっと気になるその一冊も一緒に棚から出し、手に取ってまじまじと観察した。


「幸福の、雪姫……」


タイトルを呟くように読みあげ、表紙を眺めた。

夜空を思わせる群青の背景に白い雪のような光が舞う、幻想的で美しいデザイン。けれどカバーは色あせたり、端が破れかかっていたりもしていて、年季が入っている。


「ねえ、どうしてこれだけこんなにボロボロなの?」


少し離れた棚の前に立っていた甲斐はこちらに近づいてきて、私の手元を覗いた。


「ああ、それか。……もう何千回と読んだからな」

「なんぜん……? 同じ話を、何度も?」

「いい話ってのは、何度読んでもいいんだよ」

「ふうん……」


ってことは、これは甲斐のお気に入りの物語ってことか。

それにしても、何千回と読むっていう心境はよくわからない。私は本は読まないけど、たとえばお気に入りの映画だって、三回も見れば飽きてしまう。