「白川」
「なに」
「浴衣、一番似合ってる」
「え…?」


来てよかった。
お母さん、この浴衣地味でもなんでもなかったよ。
それから美咲、楽しくないかもと思っちゃってごめん。むしろ最高だったかも。



《彼の一言は私を次々と変える》



*見やすいように改行等しています。

この作品のキーワード
花火  短編  高校生  中学生  片思い