あたしはお洒落なカフェの椅子に座り、目の前の二人を見ていた。

嬉しそうに身を寄せ合い、ふふっと笑い合う幸せいっぱいの二人を。






「ねぇ、藍。

ずっと報告しようと思っていたの」




裏のなさそうな無邪気な笑顔であたしを見るのは、親友の麻友。

恋愛相談はもちろん、なんでも包み隠さず話が出来る友達だった。

そんな大好きな藍の幸せそうな姿に、当然あたしも幸せになるのだと思っていたのだが……





「あたしさ、武雄君と結婚するの」




信じられないその言葉に、ただ何も言えなかった。



この作品のキーワード
スタイリスト  OL  イケメン  年上  オトナ