何故か、社屋の三階から落下し、目を覚ました津田洸(こう)は、何故か、側についていてくれた総務の課長、悠木遥久(ゆうき はるひさ)に、

「顔に傷がつかなくてよかったな。
 結婚式前なのに」
と言われてしまう。

 結婚式前……?

 ……誰が?

「私、結婚するんですか?
 誰と結婚するんですか?」

 まったく身に覚えのない話に、洸がそう訊き返すと、遥久は、
「俺だろう」
と言う。

 どうやら、落下したときに、部分的な記憶喪失になってしまったようだった。

 しかし、全然、甘い雰囲気を醸し出してこない遥久に、本当に結婚するのか? と思ってると、今度は、同期の葉山に、

「お前、俺を恋人だって、お袋さんに紹介してくれるって言ったろう」
と詰め寄られてしまう。

 洸が、式場に確認すると、確かに、一ヶ月後、洸の名前だけで、式場が押さえられていた。

 記憶喪失の洸の、本当の花婿は――?





この作品のキーワード
オフィスラブ  ツンデレ  逆ハー  課長  三角関係  溺愛  大人の恋  ラブコメ  記憶喪失  OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。