*タイトルを改め、大幅に加筆して改稿いたしました(2020/11/19 )*


本当はしっかり者でもサバサバ姉御肌でもない。ただの臆病者です――。


就職して4年。

自分は「女として見られないんだ」としっかり認識したら、楽に生きることが出来るようになった。

男も女もない。恋なんて私には必要なし。

それを分かっているし、それでも十分楽しいし。

だから、今日も、明るい笑顔を振りまきます。
――たとえそんな自分に疲れる時があっても。


もう傷ついたりしたくないから。
何かを期待して落ち込んだりしたくない。
それが、毎日を上手いことこなしていく『大人の術』だもん。

それなのに、どうして、こんなにも胸が痛くなるの――?



外面は元気な姉御肌
「女、捨ててますけど、何か?」
内野沙都(ウチノ サト)
×
冷静無愛想エリート同期
「いい加減、その仮面はがしたら?」 
生田眞(イクタ マコト)


臆病者で何が悪い!
私は、私でいたいだけ。



☆レビューをありがとうございます! 嬉しいです☆
あまべさん
micoroさん
ルル&キキさん
ichiiさん
kaooriさん
Mallonさん

※こちらは、他サイトで公開していたものです。


【もしよろしければ、生田眞の姉、生田椿の物語もどうぞ!→『ニセモノの白い椿』】




<a href="https://www.tugikuru.jp/colink/link?cid=49970" target="_blank"><img src="https://www.tugikuru.jp/colink?cid=49970&size=s" alt="ツギクルバナー"></a>

この作品のキーワード
同期  臆病  溺愛  イケメン  ギャップ  オフィスラブ  クール  ツンデレ  大人の恋