差し出された手が

同情心でも、嘘まみれでも
誰かのための罪滅ぼしでも

きっと、その手を取らずにいられなかった



訳あり女子高生
雪村 とばり
×
訳あり臨時教師
呉野 千春


真っ暗闇を生きる少女が

光を見出す日は────。


「僕が作ってあげます。
君が心から安らげる場所を」

雑踏のなか、眠れるゆりかごのように


※注意※
自死や自傷、犯罪行為に関する表現があります。

あらすじ

夜の街の片隅で、男へ甘い時間を売る。そんな彼女に差し出された、手。

「ついておいで」
選んでしまった瞬間から、歯車は回り始める。

この作品のキーワード
シリアス  禁断の恋  教師  秘密  訳あり  大人  歳の差  先生