「まだバレないの?大丈夫?」


「バレねーよ。うまくやってる。俺がここにいるってわかんのはお前だけだし」


『特別』だと言われている気がして嬉しくなった。


屋上は本来、生徒も先生も立ち入り禁止だ。


でも先生は他の先生の目を盗んで、こうやってコッソリ来ては休んでいる。


先生の中の『ヤンキー』みたいな。



私はこの、先生らしくない先生が気になって仕方がない。



先生と出会ったのは、高校に入学してまもなくのことだった。


名前は道尾龍之介(みちおりゅうのすけ)。


25歳の英語教師だ。