私の涙のツボが分からない。
自分でも分からないなんて重症だ。


「おぉ〜泣け泣け〜!」


なんて優しい表情。


「そろそろ、頑張りすぎたら俺が許さねーよ?」


私なんてみんなより全然何も頑張ってないのに。


「よしよし」


ぽんぽんって。
あまりにも自然と頭を撫でるものだから、私は何かを勘違いしてしまいそうになった。


何をどう勘違いするのかすら分からないまま。

この作品のキーワード
年上彼氏  チャラい  年下彼女  職場恋愛  甘々