揺れるタクシーの中で、交わしたキス。

驚いたのは、それを受け入れた自分。

そしてそれまで自分が胸に抱いていた気持ちの理由。



そっちを見ないで

こっちを見ていて

そんな、嫉妬と独占欲。





「……ん、」



目をさますと、そこはいつもと変わらぬ自分の部屋。

カーテンの隙間から明るい光が差し込んでいて、今が朝なのだと気付いた。



まだ少し眠い目で、ベッド脇のサイドテーブルに置いてある時計を見れば、時刻は朝10時。



って、わぁ!まずい、仕事!!

一瞬血の気が引いて、ガバッと飛び起きる。

けれどすぐ、今日が土曜で仕事が休みなことを思い出し、安堵し再度布団に入った。



よかった、今日は土曜で休みだった。

昨日ちょっと飲んだせいかまだ少しだるいし、もう一眠りして今日はだらだらと過ごそう……。



そんなことを思いながら、ごろんと寝返りをうつ。

すると、目の前には横になったままこちらをじっと見つめる、真木先生がいた。