この世に偶然なんてものはなく、

在るのは必然だけ。


なんて、そんな言葉を聞いたことがある。

だけどそれってどうなのだろうか。


必然――それは決められた道筋。


この世界に生きる全てのモノは

ただただ確定された未来のレールに乗っかり、

自ら歩んでいるのではなく、

運ばれているにすぎない。


もし、そうであるのだとしたら

そんな不確かな運命があるのだとしたら

俺はどうすればいいのだろう。


変えたくなるような

陰惨な運命が目の前にあったとしたら

俺はどうすればいいのだろうか。

この作品のキーワード
恋愛  運命の糸  超能力