売れるちょいちご作家
になるはずだったのに。

「俺、実はこいつの
【双子の弟】なんです」

まさかのウソ
から始まった同棲生活。

私達が赤の他人なのは
ふたりだけのひみつ。

☆*・゜★〇。

フジワラ・ウキ
【藤原兎希(16)】

背チビ
可愛い
不登校
体力なし
家事全般無謀
作家暦7年目

×

フジワラ・ウサト
【藤原兎人(16)】

背普通
可愛い
高校生
体力普通
家事全般完璧
その他謎

★*・゜☆〇。

「これだから、売れない小説家は」

「売れる小説家だもんっ!!」

「も~、うるせぇ。……黙れよ」

今日も兎人の甘いキスが
私の全身を縛る。
 

*徐々に甘々度が増します。


*Start*2017年10月23日
(兎人の日)
*書き始め*2017年8月2、3日

*End*2017年11月23日


/(´○`)\/(。>﹏<。)\
兎人:ブスッ! 兎希:詐欺師ぃっ!
★〇。☆*・゜

この作品のキーワード
野いちご大賞  イケメン  秘密  双子  同居    小説  胸キュン  純愛  ラブコメ