「これは運命みたいじゃなく、運命かもしれない」

彼は言った。
ただのハイヒールをガラスの靴に変えたのは、私だと。

ヒールが折れた駅のホーム。
助けてくれたのは派遣先の強面社長でした。

けれど眼鏡をかけると、彼は甘い角砂糖みたいに微笑む。


ベンチャー企業『Adorable』代表取締役社長
眞井 辰巳 29歳
×
派遣秘書
沢渡 沙良 23歳

*誤字を修正致しました。

まわみおゆん様
レビューありがとうございます。

この作品のキーワード
特集72  ガラスの靴  シンデレラ  眼鏡  溺愛  地味女子  社長  派遣秘書