「ただいま、香月ちゃ…ん…

……なんで、香月ちゃんと母さんたちがいるの。」

「あら、お帰りなさい。

お嫁さん置いて仕事ばっかりなんて、ありえないわ。

兄弟協力してやりなさいと言ったはずよ?

香月ちゃんもなんか言ってやりなさい。」


そこで私に振るの…?
空気がシーンとしてる。


「え、えっと…お帰りなさい。

お疲れ様です!」

軽くお辞儀をして、棗さんに微笑む。棗さんは近づいてきたけど私は誰かに引っ張られた。


「もうっ!なんで香月ちゃんはいい子なのに棗はバカなの?

…愛想つかれても知りませんよ‼︎」


愛想なんてついてないし、これからもつくつもりないけど……

でも少しだけ…さみしいかもしれない。




この作品のキーワード
お花屋さん  球根  王子様  ファンタジー  恋愛  F大賞2    生きる  プロポーズ  居場所