棗くんが帰ってきて数日。
あの言葉は本当のようでずっとずっと私といる。
…というかひっつき虫になってる?


「棗くん、ちょっと離れてくれないかな…っ!」

背後から抱きしめられ、振り向けば唇が重なる。


「…ねぇ、少し黙って。じゃないと、また口塞ぐよ?」

この作品のキーワード
お花屋さん  球根  王子様  ファンタジー  恋愛  F大賞2    生きる  プロポーズ  居場所