今もまだ、君を夢に見る。

2年前、一緒に月を眺めたあの夜。

もう冷えるから、そろそろ入ろうって言ったのに、君は “ううん” と首を横に振って、

何時間も

何時間も

飽きもせずに、空を見ていた。


この上なく幸せだった日々が、

突然終わりをつげたあの夜。

俺の夢は、いつもそこから始まって


そこで終わる。


空から星が全て消えて、


辺りは急に真っ暗になる。


暗闇の中で君が泣いている。

いや、泣いているのは俺なのか。


「さようなら」

口の形だけが浮かび上がり、

君はそこからいなくなる。