1月。
凍えるような北風が、音を立ててビルの隙間を吹き抜ける。

あの後すぐ、私は『資料整理室』から出た。
もちろん、後任の神垣氏に引き継ぐことは何もない。

『自分のつくった牢獄だ。自分で入ってみるのもいいだろ』

なんて彼は笑って言ったが、粘着質の神垣氏に恨まれやしないかと、実は少し心配している。

で、私はといえば、結局会社を辞めることはなく、ちゃっかり居座っている。
配属先は元の人事部じゃない、「市場調査部」というところだ。

元の部の人達には、社長といるところを見られてるから、配慮があったのかもしれない。

「市場調査部」は、私を入れて4人ほどの小さな部屋だ。
けれども、経営コンサルティングの中でも会社合併を得意とするうちの社にとっては、合併先、合併元の情報を詳しく調査、収集してデータ化する心臓部といえる(えっへん)。

取ろうとしていた資格にも関係があるし、私にとって、とてもやりがいのある仕事だ。