君は悲しみと孤独を無色透明にして、隠してしまった。