夏風が運んできた眩しくて優しい時間は

しゅわしゅわと弾けて、淡い想いを残して溶けていった。