王都の主要な通りは、王城から放射状に伸びた縦糸と、その間を繋ぐ横糸で成り立っており、半円形の蜘蛛の巣のような形をしている。

放射状と言いはしたが、正確には違う。簡単に王城に辿り着けないよう、王城を正面に見ながら歩いているつもりでも、わずかに歪曲した道に導かれ、気づけば別の方角を向いていたりする。

──という知識を持ってはいたが、体感するのは初めてであるフレデリカは、始めこそ面白がって、進んで道に迷っていたものの、次第に苛立ちを募らせていた。


「どうしてあそこに見えてる王城に帰れないの!」


道端で地団太を踏んでいると、笑い声がした。路肩に置いたテーブルでくつろいでいる初老の男性が、にこにこしてこちらを見ている。


「新顔かね、お嬢さん」

「ええ」

「王城に続いているように見える道の大半は偽物だ。本物の道には、よく見ると青い玉が点々と埋まっている。道案内をするみたいにね。それを探すといい」


そんな目印が!

本や薬といった私的な買い物のために出てきたフレデリカは、王城の人間であるしるしを身に着けていない。王女のガヴァネスといえばそれなりに敬意を払われる立場だが、おそらく下っ端小間使いあたりに思われている。

もとよりフレデリカはそのほうが気楽で、買い物に出るにあたってクラウスから『これを見せれば支払いは不要です』と持たされた印章があるものの、要するにそれは王城に請求がいくということで、個人的な買い物に使う気はない。

ただ山ほど買った荷物を、王城に届けてもらうという楽はすることにした。だから今は手ぶらだ。

初夏の兆しも見え始めた暖かな日だが、男性は葡萄酒を少しずつランプの火で温めては飲んでいる。うらやましくなり、帰ったらやろうとフレデリカは決めた。


「知りませんでした、ありがとう」

「戦争が終わったとき、先々代の王様が埋めなすったのさ。平和の証だね。青い玉が取っ払われる日が来たら、それはどこかから攻め込まれる可能性が出てきたってことだ。今のところそれはない」

「終戦をご存じ…ではないですよね?」


歴史の好きなフレデリカは、つい尋ね、「さすがに知らん」と笑われた。


「生まれてはいたが、物心つく前に戦争は終わった。だが先々代の王様の統治は見てきたよ。思いきりがよく視野の広い方だった」

この作品のキーワード
ファンタジー  国王  記憶喪失