王都に夏が来た。

一日に一度、激しく降る雨と、けろっと忘れたように晴れ渡る空。

このあたりの夏は一日のうちの気候の変化が激しく、その変化が、秋の実りをもたらす。

夏は当然のごとく、分厚い壁に覆われた王城をも包み込んだ。




バラ園の一角にある、テーブルと椅子が置かれたくつろぎの空間。

そこで、暑い暑いとこぼすイレーネの腕を、水を含んだ布でフレデリカが拭いてやっている。


「うわー、すーっとする」

「おわかりになりますか? 液体が気体になるとき、周囲の熱を奪うんです」

「リッカはちょっと、空でも見上げたらいいと思うわ」


気が乗らないときは、なにを言っても吸収しなくなるイレーネがため息をついた。

常に惜しみなく知識を与えようとする、真面目なフレデリカが、言われた通り上を見て、「夏雲が発生していますね」と言い出した。


「あの森のような雲が生まれる条件を、覚えていますか?」

「地面や水面が熱くて、空の上のほうが寒いことでしょ」


やぶへびだったとイレーネの顔が悔いている。

ルビオはくすっと笑った。

フレデリカがうなずき、人差し指を立てる。


「もうひとつあります」

「兄さまに教えてもらうわ」

「えっ、おれ?」


笑ったのを見ていたに違いない。イレーネは水で割った蜂蜜酒を飲みながら、舌を出してみせた。

ルビオは慌てて頭の中を探った。地表の高温、上空の低温…。


「ああ、わかった。空気中の水分だ」

「よくできました」

この作品のキーワード
ファンタジー  国王  記憶喪失