★★★★★
恋に理屈は無用!
自他ともに認めるリケジョの綺代は、男性の前でも理系モードを隠し切れず、婚活するもうまくいかない日々を送っていた。
そんな彼女を救ってくれたのが、勤め先のイケメン社長、泉堂達樹。
強引に、かつ甘く綺代に迫りまくって彼女の理系脳をショートさせてしまいますが、その代わりに教えてくれるのは、どんな理屈も数式も通用しない、本気の恋愛。
うまく説明できないけれど、どうしても惹かれてしまう……そんな本能を揺さぶるような二人の恋にはドキドキがいっぱいでした。
特に、ラスト付近の達樹は本当に肉食獣で、悶絶必死。
読んだ皆様もきっと、タイトル通りの結論を導き出すことになるでしょう。
来海シスコ
18/01/27 10:44

>>新着レビュー一覧へ