この幸せを壊したくない。
今思えば、全部繋がっていたのかもしれない。


わたしが此処に来たときから
…ううん、きっと、ずっとずっと昔。
まだ皆が私を知らない、そんな時から。


これで良かったんだ。
たまに不安になるけど、キミが頷いてくれる
それだけで、私の生きる意味になるんだよ。









…懐かしいな。

こんな日記書いてたっけ。

ペラペラとページをめくるたび、懐かしい匂いがする。

もう、あの時には戻れないんだ…



っと。そうだ、呼ばれてたんだった。

日記を置いて、パタパタと部屋を出る。

窓から入った風が、静かに日記を撫でた。





そしてゆっくりと


その日をめくりあげる________







- 基本平日更新-
気まぐれで休日も更新します。

誤字脱字等ありましたらどんどん言って下さい。
書籍化目指して頑張るので、応援よろしくお願いします。









この作品のキーワード
恋愛  魔法  魔法学校  純愛  切ない  能力  秘密