―――――
―――




「結婚しよう、仁香」

 俺がプロポーズをする前から、彼女の瞳は涙で満ちていた。


 それは、エンゲージリングよりも輝いていて。



「――はい。よろしくお願いします」

 受け入れてくれた彼女の頬を、次々と転がる粒は喜びの色を纏っていた。



 その時、俺は気付いたんだ。


 一方的に別れを選んで離れたあの頃、仁香が流していた涙はどれほど悲しいものだったのか。

 本当なら俺が涙を拭ってやるべきなのに、泣かせたままでいなくなって……。



 永遠に心から誓うよ。



 再会してからの日々も

 これからの未来も


 君に愛を捧ぐ。