「俺が愛したいのは、仁香だけだよ」

 抱きしめる俺の腕を抱えるようにして、彼女が甘えてきた。


 どれだけ愛しても、俺が仁香以外を見ていないと言っても、彼女との間にある七年の空白は、すぐには埋まらない。

 そんな簡単なものであってはならないだろうし、俺が償うにはあまりにも時間が短すぎる。



 再会からの時間は、仁香のために。

 改めて恋人になってからの日々は、ふたりのために。


 そして、俺は。


 どんな時でも七年分の愛情を乗せて、永遠の愛を君に捧ぐ。



 どうか、どうか。


 プロポーズを受け入れてもらえますように。


 君の隣で、心からの愛を尽くす日々が続きますように。