「……どうせその女は殺すんだろう。さっさと殺っちまったらどうだ」

左の巨体が物騒なことを言い始める。気が短い性質らしい。

「……大人しく待っていろ」

右が至極冷静なタイプで命拾いした。

けれど、左の巨体は終始落ち着かない様子で辺りを見回している。
その視線を、セシルに向ける時間がじわりじわりと長くなってきて、やがて、じっとこちらを睨みつけながら、ぼそりと呟いた。

「その女で遊ぶのは、かまわないのか?」

セシルはぎょっと目を見開いた。問われた右の男は一瞬呆れたように肩を竦ませたが――。

「……好きにしろ」

それだけ言い放って、向こうをむいてしまった。

「……へへっ」

巨体がにやりと嫌らしく笑って、こちらへ近づいてくる。
セシルは逃げようと、必死に身をくねらせてベッドの端まで辿り着いたが、降りる前に男の手が伸びてきた。

「――んんんんっ!!!」

布を食まされて、悲鳴すら上げられず、喉の奥で叫ぶ。が――

「大人しくしろ!」

男に頬を強くはたかれて、眩暈のするような痛みに襲われた。
男の手が胸に伸び、乱暴に襟もとを剥ぎ取られて、コルセットがあらわになる。

この作品のキーワード
溺甘  秘密  政略結婚  俺様  意地悪  胸キュン  イケメン  騎士団長  婚約  ファンタジー