美しいという噂は、どうせ根も葉もないものだろうと思っていた。人は目に見えないものに幻想を抱く。

そもそも、社交界に出てこないなら、誰も会ったことがないはずなのに、どうして美しいとわかるのか。

けれどそれはけっして尾ひれのついたいい加減な情報ではなくて、聞き及んでいたとおりの美しさだった。
しかも、社交界に姿を見せず、仮面舞踏会に足を運ぶなんて。
確かにダンスは下手だったが、言うほど病弱そうにも見えない。

彼女に対して、本気で興味を抱き始めるルーファス。

そんな折、宮廷で開かれた会合で、彼女の弟の姿を目にした。

間近で見て、さらに驚く。彼女に瓜二つではないか。自分のように双子の姉弟なのだろうか。

それにしても、男女という性別差があるにも関わらず、身長や体型まで同じだというのは考えにくい。

その細い腕、柔らかな腰のくびれ。
強姦に襲われ、はだけた胸にあるほくろを見て、確信した。

そっくり、などではない。彼は彼女、本人だ。

なぜ男装をしているのか、理由は不明だが、次女が社交界に出て来ないわけについてはこれで説明がつく。
身体が弱くて出れないのではない。弟を演じているが故、表舞台に立てないのだ。

必死に男の振りをしている彼女。それが滑稽でもあり、健気でもあった。
ルーファスの心はますます彼女という存在にくすぐられる。

少しつついただけで赤くなり怒り出す彼女を、もっと困らせてやりたい。
彼女は蕾だ。美しく花開く前の姿。咲き誇る彼女を、まだ誰もしらない。
自分だけの花でいい。他の男になど気づかせてやるものか。
ルーファスはいつの間にか、セシルを抱くその手を放したくないと思っていた。