「……あなたが、土日に家をあけることが多かったって、美咲から聞いたんですけど」

合ってしまった目を逸らすことなく、魚住が口を開いた。

「もしかして……
お子さんたちに、会ってらっしゃったんじゃないんですか?」

志郎の目が見開く。

「どうしてそれを……」

……この男も興信所を使って?

「いや、おれの勝手な憶測ですよ」

まるで、志郎の心を読み取ったかのように、魚住は言った。

「土日、っていうところが引っかかりましてね。学校って土日休みですよね……それに」

そして、志郎を見る目に力を込めた。


「……おれにはあなたが、愛人に入れ込むような人には見えません」