「……おれはただ、今になってこの話を聞いた美咲が『自分さえいなければ……』って、思ってほしくないので」

魚住の言葉で、志郎は初めて、美咲の気持ちになって考えてみる。

……そうだ、そうだよな。
美咲はきっと、そう思うよな。

最初から、初めて向こうから連絡が来たときに、
ちゃんと美咲に話して、ちゃんと美咲の許しを得ていれば。

こんな、こそこそせずに、堂々と子どもたちに会えたかもしれない。

そして……美咲を失うことも、なかったかもしれない。