あなたと出会えたのは運命で


それ以外の何ものでもない






────…そう、思っていたのに







「私って…、相馬先輩の何ですか?」




この恋のキッカケは他でもない






「好きだ」








私の声だった











* ファン様限定story *
日頃の応援に感謝を込めて





この作品を読むには☆*ココロさんのファン作家登録が必要です。

この作品のキーワード
片想い  一途  切ない  身代わり  ファン限定