短大を卒業して、受けた会社50社全て落ちてしまった。

仕方なく両親が経営してる派遣会社に登録。


その初仕事が公園の掃除。


あり得ないんですけど。


20才の永島麻都佳最大のピンチです。


ダホダホの作業着に農業用のぼうし、手にはゴム手袋、白い大きな長靴を履いて、大きなマスクで顔は被われていて、とても20才の女性とは思えない。

もう本当にやだ。


止めたい。


無理。


おまけに草刈に必要な器具を乗せた軽トラで、公園へ向かう。


人生終わりました。







この作品のキーワード
搦愛  同居  恋愛  結婚  鈍感  御曹司  社長