「そう思ってるのは、お前だけかもしれないぞ」

「だからないですって」


 ニヤける口元にお刺身を運ぶ社長の、単なる冷やかしを真に受けるほど、私も単純じゃない。

 ただの一過性の話題に乗ることもなく、話を受け流すと、個室の襖の向こうから声がかけられた。

 「どうぞ」と返事をすると、襖を開けてきたのは詩織だった。


「失礼いたします」


 メインのカニの塩ゆでを二杯持ってきた詩織は、それぞれの前に皿を並べた。


「どうですか? うちの料理はお口に合いましたでしょうか」

「ええ、とても美味しいです。魚介好きの自分には最高の食事ですね」


 心からのものだとわかる社長の言葉に、ここの宿泊は間違いではなかったんだとほっとする。


「それはよかったです」


 にこりと女将の顔で詩織が微笑みを返すと、いつか聞いたことのある音楽がこもって流れてきた。

 社長が懐からスマホを取り出す。

 画面を確認するなり、「すまない」と口にしてからお座敷を出てしまった。