ぱくぱくと声を失った口が、金魚のごとく空(クウ)を噛む。

 対する社長は、こちらに向き直るように長い脚を組み直し、両手のひらで膝を抱えて小首をかしげた。


「うっかりこぼしたもんな、社長室で」

「な、な、な……」

「久しぶりの日本で、念願の寿司が食えるって思ったら、脳が日本用に切り替わってた」

「ど、ど、ど……」

「しかし、あの狸。俺が日本語わからないって設定をいいことに、舐めたこと口走りやがって」

「せ、せ、せ……」


 さらさらと口ずさまれる流暢な日本語。

 ジャパニーズピープルがジャパニーズを話している。

 こんなに至極当たり前で当然のことに受けた盛大な衝撃は、この先あと半世紀以上は生きていく人生でも、もう二度と味わうことはできないだろう。



.