好きになる人を、間違えたと思った。

私にとって、はじめての恋だった。

あきらめるしかない恋だった。


それでも君が、好きだった。


―――初恋は叶わないと言うけれど。


この作品のキーワード
片想い  叶わない恋  初恋  シュウ小説