「……いつも思ってるけど、桜って、本当その姿別人だよな。


なんで?眼鏡のせい?

眼鏡でそんなに変わるのか?」


「うるさいなぁ…
ほっといてよ、もう。」




デカい眼鏡にボサボサの髪。

ついでに言うと昨日泣き過ぎてあり得ないくらい目が腫れている。


そんな私にヒロトは、度がきついから目がそんなにちっちゃくなんのか?などとぶつぶつ言っている。



…はぁ。もうやだ。



「ヒロト、ここまででいいよ

いつもありがとう。
じゃあ学校行くね」


「あー、おう。学校終わったら連絡しろよ」


「それじゃあ、ね。」


ドアを閉めて、学校に足を進める。




「……あ。

桜ー!忘れてた、ちょっと待て。」




この作品のキーワード
モデル  秘密  芸能人