最寄駅から会社までは電車で20分。

どこからこんなに人が出てくるのかと思うほど、駅には人がどんどん吸い込まれていく。

そして私も人混みを形作る一つとなってホームまで流される。

急行のとまらないこの駅ではみんなが数分おきにやってくる各駅停車に乗り込み、少しはみ出た乗客を、駅員が無理やり中に押し込む。

おかげで足も浮いたような状態で固定され、そのままぎゅうぎゅう詰めの電車で潰れまいと必死に足掻くのだ。


朝からそんなことで疲れてしまい、さらにオフィスまで徒歩10分。

また人波に流されて進んでいく。

田舎から出てきた頃は、なんで東京の人はみんな急いで歩いているんだろう、なんて思っていたけど、今はもう、これが日常。

すっかり過ごしやすい季節になってきた5月。

少し肌寒くてカーディガンを羽織ってきたけど、今日はたくさん立ち並ぶオフィスビルの間から日が差していていい天気だ。


この辺りでも一際広い敷地に建つ15階建てのビル。

ここが私の働く大手IT企業。


この作品のキーワード
上司  部下  イケメン  胸キュン  面白い  意地悪  片思い