それからしばらく永瀬チームは忙しくて、帰りは深夜になることもあるようだった。

永瀬さんに至っては終電を逃した上、朝早く来て仕事をしている日もあるんだと時田さんが言っていた。

さすがに永瀬さんの意地悪も覇気がないから、私もついやさしい返しになってしまう。


「みんな虚ろな目になってるのに、永瀬さんは涼しい顔してるわよねえ。
一番忙しいはずなのに」

「そうですね…」

給湯室で会った戸田さんは、声を潜めてそう言った。

「鈴原さんも忙しいでしょ?」

「でも私は深夜まで残るほど残業頼まれませんから」

作り笑いをしたけど、永瀬さんが仕事量をかなり調節してくれているんだと思う。

戸田さんは、矢島チームが忙しい時は遅くまで残業していたはずだから。

だけど残業で夜遅くなってもいいから手伝いたいと言ったら、

「お前は一応女なんだし、物騒だから遅くならないうちに帰れ」

と永瀬さんに言われてしまった。

この前うちのアパートの近くでコンビニ強盗が出たから、心配してくれているのかもしれない。

犯人はとっくに捕まっているのに。


コーヒーを持ってデスクに戻り、ちらっと永瀬さんの姿を見る。

集中しているらしい永瀬さんは画面を見つめたままひたすらキーを叩き続けている。

…永瀬さん、平気じゃないはずなのに。

私も何か手伝えたらいいのに。

今はもう話しかけられる雰囲気すらない。

この前まですぐそばにいたのに、急に遠くなってしまったみたいで寂しい。


この作品のキーワード
上司  部下  イケメン  胸キュン  面白い  意地悪  片思い