サッカーの授業を受けることになった鈴茶(小六女子)。
ごう慢な鈴茶は窮地に陥る。

この作品のキーワード
サッカー  鈴茶  青春