_3086年。


人類の科学は進歩した。
かつては不可能だったことを成し得る事が出来るようになった。
しかし、恐れられた事も起こりかけた。
ロボットの反逆だ。
だが、寸前のところで食い止められた。

なぜか_

天才が現われたからである。

「人類が更に進歩するには、過去の人に助けを乞うべきだ。
そう、先祖返りにね。」

その一言が、世界を混乱の世へと落し入れる。
彼が人類にもたらすのは、進歩か、はたまた退化か……


現代のチャールズ・ダーウィン
和田信礼 《wada shinre》


絶対的な力に最後まで抗い続ける主人公
鬼嶋 龍我 《kishima ryuuga》

偉人、妖、先祖返り…
果たして、世界はどうなるのか…


過去の偉人達が織り成す近未来ファンタジー。

この作品のキーワード
ファンタジー  時代  歴史  近未来  先祖返り  偉人  バトル  ロボット  科学者  高校生