_____止む事はない実の母親からの暴力




そんな中でも希望を持っていたのに




そんな希望も全部、打ち消された。





底なしの闇の中から救い出してくれたのは





いつも私の前にいる人でした____




+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+


母親からの暴力に悩まされている


姫崎 咲耶

×


いつもバイト帰りに前にいる


『前の人さん』


+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+



「ねぇ、貴方は何者なんですか?」



「お前が俺を愛すなら教えてやる」



自分を愛すなら全部教えてやるって言い出して…!?



「お前のことしか考えられねぇ」



独占欲が強くて



「他の男に触ったり微笑んだりすんな」



嫉妬深くて



「お前からキスしてくれたら考えてやる」



意地悪なのに



「お前の全てを愛してる。全部俺によこせ」



なんだか私、貴方のこと知りたくなって来てます。



「なぁ、いい加減認めろよ」




「俺の底なしの愛を受け取ってくれるよな?」




溺愛される準備は良いですか?





※激甘注意※





◂◃ ヒロインの名前を変更させて頂きました ▸▹



この作品のキーワード
溺愛  ヤクザ  若頭  極道  イケメン  胸キュン  甘々  激甘