調理部の紗菜はサッカー部の朝陽から声をかけられ、否応なく夏休み課題勉強会への参加を約束させられる。
これを機に仲良くなれたらと思う紗菜だったが、現実は想像とかけ離れたものだった。

見ているだけの恋から一歩踏み出す、八月三十一日。


個人サイトでの企画参加作品です。
「彼氏と思っていいですか?」以前に書いたもので、過去の話にあたります。

since 2014.09.09

この作品のキーワード
片思い  高校  夏休み  地味子  純真  不器用  学園  ドキドキ